近くのお店の在庫がわかる!

★人気のキーワード:
ピピハノン
BBBB
Bling-Bang-Bang-Born

書籍/雑誌

1冊でわかるポケット教養シリーズ 吉松隆の調性で読み解くクラシック

税込価格(本体):
1,045(950)円
出版社:
ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス 

長調は「楽しい」、短調は「悲しい」? 作曲家はどうやって調性を選ぶの? 調性(スケール)については不思議なことがいっぱい。これを作曲家の吉松隆氏が分かりやすく解説します!

商品の説明
和声法だのコード進行だのを何も知らなくても、最後の「ジャーン」という和声に辿り着くと誰でも「ああ、終わった」という開放感に満たされる。 これは「音」というものが最初から持っている「科学的」に説明できる性格なのだろうか。 あるいは、それを聞く人間の耳や感情によって起こる「感覚」の問題にすぎないのだろうか。 もしくは、人間が生まれつき持っている「本能」? それとも子供の頃から聞いてきた音楽の体験から染み込んだ「記憶」あるいは「くせ」? この書では、そんな「ハーモニー」や「調整」の謎と秘密について、独断と私見も含めて解説してゆこう。(本書「はじめに」より)

[目次]
第1章:調性とは何か
調性の性格/調性と色彩/ストレスの短調 etc.
第2章:楽器からみた調性
作曲家はどうやって調性を選ぶのか? etc.
第3章:科学的にみた調性
「光」の長調、「影」の短調/音律の話 etc.
第4章:調性の歴史
音楽の父の誕生/無調と12音 etc.
第5章:調性に関するエトセトラ
日本の「調」の話 etc.
第6章:それぞれの調性の特徴と名曲
ハ短調からホ短調(全24調) etc.


■著者について
吉松 隆(よしまつ・たかし)
作曲家。1953年(昭和28年)東京生まれ。 少年時代は手塚治虫のような漫画家か、お茶の水博士のような科学者になろうと思っていたが、中学3年生の時に突然クラシックに目覚め、 慶応義塾大学工学部を中退後、一時松村禎三に師事したほかはロックやジャズのグループに参加しながら独学で学ぶ。 1981年に「朱鷺によせる哀歌」でデビュー。以後いわゆる「現代音楽」の非音楽的な傾向に異を唱え、 調性やメロディを復活させた「新(世紀末)抒情主義」および「現代音楽撲滅運動」を主唱、6つの交響曲や10の協奏曲を始めとするオーケストラ作品を中心に、 <鳥のシリーズ>などの室内楽作品、<プレイアデス舞曲集>などのピアノ作品のほか、ギター作品、邦楽作品、舞台作品など数多くの作品を国内外で発表。 1998年からはイギリスのシャンドス(Chandos)とレジデント・コンポーザーの契約を結び全オーケストラ作品を録音、 クラシックというジャンルと超えた幅広いファンの支持を得ている。 また評論・エッセイなどの執筆活動のほか、FM音楽番組の解説者やイラストレイターとしても活躍中。 近著に『クラシック音楽は「ミステリー」である』(講談社+α新書)、自伝『作曲は鳥のごとく』(春秋社)などがある。 TV・映画音楽も多く手がけており、近年では2009年に映画『ヴィヨンの妻』(監督:根岸 吉太郎)の音楽(第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞)、 2012年にNHKドラマ『平清盛』の音楽を担当(第67回日本放送映画芸術大賞放送部門最優秀音楽賞)。 後者は放送開始後すぐに話題となり、そのすべての音楽を網羅したCD『オリジナル・サウンドトラック 平清盛×吉松隆 音楽全仕事』(日本コロムビア)が発売された。 還暦を迎えた2013年には、新作の交響曲第6番「鳥と天使たち」を発表(いずみシンフォニエッタ委託作品、日本初演)。 2014年にはCDおよびピアノ曲集『優しき玩具』を発売するなど(CD:Camerata Tokyo/楽譜:音楽之友社)、変わらず多方面で活躍中。

近隣店舗在庫へ!