近くのお店の在庫がわかる!

★人気のキーワード:
ピピハノン
BBBB
Bling-Bang-Bang-Born

書籍/雑誌

ギター・マガジン 2023年9月号

税込価格(本体):
1,265(1,150)円
出版社:
㈱リットーミュージック

【特集】
いとしのテレキャスター
ギタリスト17人が語る愛器の鳴らし方

1950年にフェンダーから発売された世界初の量産型ソリッド・ギター、テレキャスター。それまでのエレキ・ギターと言えば、アーチトップ・ギターにピックアップを備える発想のホロウ・ボディ・タイプしかなく、おもにジャズやブルースでの使用に特化するものだった。しかし、テレキャスターの登場によって音楽業界は一変する。ボルト・オン・ネックや、メイプル1ピース・ネック、弦をボディの裏から通す構造など、それまでのギターの常識を覆すような作りに、最初は同業者から大顰蹙を買っていた。その後、次第に流行り物好きのブルース・ギタリストや、カラッとしたサウンドを求めたカントリー・プレイヤーが手に取り、大音量を必要とするロックンロールの誕生によって使用者が急増。テレキャスターは形を変えず、現代まで愛され続けている驚異的な楽器となった。なぜジャンルを問わず、ここまで使用者が多いのか? 今回はその理由に迫るべく、テレキャスターを愛用する国内外のプロ・ギタリストに、自身の愛器との出会い、こだわりのセッティング、鳴らし方のコツなどを徹底的にインタビュー。本特集を読めば、70年以上も愛され続けたテレキャスターの魅力を再発見できるだろう。

■特別対談:長岡亮介 × 高田漣
テレキャスター愛好家が語らう美学

■ギタリスト17人が語る愛器の鳴らし方
・長岡亮介(ペトロールズ)
・高田漣
・小倉博和
・斎藤誠
・長田進
・菊地英昭(THE YELLOW MONKEY)
・フジイケンジ(The Birthday)
・直枝政広(カーネーション)
・曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
・向井秀徳(ZAZEN BOYS)
・橋本絵莉子
・和田唱(TRICERATOPS)
・新藤晴一(ポルノグラフィティ)
・斉藤祐樹(髭)
・ダニー(ザ50回転ズ)
・鈴木健太(D.W.ニコルズ)
・小林壱誓(緑黄色社会)

■海外の名手が語るテレキャスター愛
・ロベン・フォード
・ジュリアン・ラージ
・ジム・カンピロンゴ

■ビルダー目線で紐解くテレキャスターの魅力:ユーリ・シスコフ(フェンダーカスタムショップ/プリンシパル・マスタービルダー)

■COLUMN:ニッポンの音楽史を彩る名テレキャスター
・桑田佳祐
・山下達郎
・鈴木茂
・真島昌利
・徳武弘文
・岸田繁

■COLUMN:僕の私のテレキャスター・ヒーロー

■GM SELECTIONS(※電子版には収録されておりません)
・「テレキャスタービーボーイ」すりぃ
・「テレキャスター・ストライプ」ポルカドットスティングレイ

■Featured Guitarist:Char
独り向き合ったオール・インスト作『SOLILOQUY』を語る

■INTERVIEW & GEAR
・崎山蒼志

■INTERVIEW
・竹田和夫

■PICK UP
・FENDER FLAGSHIP TOKYOに潜入!
・Chase Bliss MOOD MK2
・SHOWROOMで輝く次世代の音楽ライバー・コンテスト

■連載
・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
・横山健の続・Sweet Little Blues
・9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から
・トモ藤田の“ギターは一日にして鳴らず!”
・工房Pathギタマガ出張所

■GM FINGER-BOARDS
・崎山蒼志の“未知との遭遇”
・マーク・スピアー(クルアンビン)の「此処ではない何処かへ」
・地味ワザ練習帳
・古今東西カッティング名手列伝
・まほガニの木材探訪
・ピクトグラムで愛でるギター・パフォーマンスの世界
・Pedal Dig月報
・ジャキーン!~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編

■NEW PRODUCTS REVIEW
・JACKSON/PRO PLUS SERIES SOLOIST SLA3
・BAUM GUITARS/WINGMAN-W WITH TREMOLO
・JOHN PAGE CLASSIC/THE AJ NATURAL
・JOURNEY INSTRUMENTS/OE990
・KZ GUITAR WORKS/KZ ONE CARVED TOP
・PRS/NF53
・WARM AUDIO/MUTATION PHASOR I

近隣店舗在庫へ!