近くのお店の在庫がわかる!

★人気のキーワード:
ピピハノン
BBBB
Bling-Bang-Bang-Born

書籍/雑誌

ムジカノーヴァ 2023年11月号

税込価格(本体):
1,200(1,091)円
出版社:
㈱音楽之友社

[特集]
今こそ見直そう! バロックの演奏法・指導法
 今年はJ.S.バッハ《インヴェンションとシンフォニア》が完成して300年目にあたります。《インヴェンション》をはじめ、レッスンやコンクールでバロックを演奏・指導する際に、どうすれば“バロックらしく”演奏できるのか、悩む方も多いのではないでしょうか。そこでバロックの作品をピアノで演奏するために知っておくべき知見や教え方、そして具体的なフレージングやバッハの時代の指づかいなど、ピアノ指導者の方々が「見落としがちかも?」というポイントについて、具体的な例を挙げながら専門家の先生方にご解説いただきます。今年こそ、バロックの演奏法・指導法を見直してみませんか?

◆コンクールでの演奏から見えてくる バロックで見落としがちなポイントと対策(平井千絵)
 フォルテピアノ奏者でコンクールでの審査経験も豊富な平井千絵先生に、演奏者・指導者が見落としやすいポイントと対策を教えていただきました。

◆オルガニストが教える バッハが目指した《インヴェンション》のフレージングと指づかい(塚谷水無子)
 オルガニストであり鍵盤楽器のスペシャリストである塚谷水無子さんに、フレージングと指づかいから《インヴェンション》を読み解くヒントをレクチャーしていただきます。

◆Interview 高橋 望 バッハのオーソリティーに聞く バロックを学ぶ目的と教える道筋(上田弘子)
 2014年から、毎年1月にJ.S.バッハの《ゴルトベルク変奏曲》のリサイタルを開催している高橋望先生。レクチャーも人気で「バッハのオーソリティー」と言われる高橋先生に、バロック作品の重要性と教え方をお聞きしました。

[今月の課題曲]
ブルクミュラー『25の練習曲』より《貴婦人の乗馬》
(2023年1月号~2023年12月号選曲者:伊井光子)

[トピックス]
◆Report ピアノ教育連盟「ピアノ指導法セミナー」 野平一郎&渡邊健二~大家が説くベートーヴェンとリスト~(上田弘子)
 ピアノ教育連盟によるイベントが続けて開催されました。まずは8月の野平一郎先生と渡邊健二先生による「ピアノ指導法セミナー」。名手によるレクチャーと、生きた音楽を浴びる夏の一日となりました。

◆Report ジャン=マルク・ルイサダが登場 日本ピアノ教育連盟第36回全国研究大会「フランスにおけるピアノ教育の伝承」(小倉多美子)
 今年の全国研究大会には、待望のジャン=マルク・ルイサダ氏が出演しました。コロナ禍の3年を経て、その間に構築された新プログラムを引っ提げての来日です。そのリサイタルの模様と公開レッスンで披露されたフランス伝統の奏法について譜例を交えてレポートします。

◆Report イヴ・アンリ ピアノ・リサイタル クララ-ロベルト・シューマン夫妻の絆を読み解く(小倉多美子)
 ロマン派演奏の泰斗イヴ・アンリ教授が、その真髄を示すプログラムで、ベヒシュタイン・セントラム東京に登場。ロベルトとクララ・シューマン夫妻が互いにインスパイアされて誕生した6つの作品を演奏しました。

◆Interview 田崎悦子 晩秋に奏でるショパンの《マズルカ》と共に語る(上田弘子)
 11 月にショパンの『マズルカ集』でリサイタルを開催する田崎悦子先生(11 月5日、東京文化会館小ホール)。ショパンが生涯を通して書き綴ったマズルカと、田崎先生が長く第一線で活躍してきたキャリア。それらがクロスする興味深いお話をうかがいました。

[連載]
学ぶ
◆[巻末書き込み楽譜連動]ピアニスト、レパートリーを語る 實川 風×J.S.バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第1巻』より《第1番》(ききて-長井進之介)
 今をときめくピアニストは、いかにして聴衆を魅了するのでしょうか。人気アーティストをゲストに迎え、ゆかりの深い曲をテーマに取り上げて、「こう弾きたい」という曲にかける想いや、演奏テクニックの一端を、インタビューと書き込み楽譜で解き明かします。
 今回のゲストは實川風さん。最新アルバムで1枚丸ごと取り組んだJ.S. バッハからお話をうかがいました。實川さん自身の肉筆による書き込み楽譜にもご注目ください!
◆コンクール課題曲にチャレンジ!(佐久間あすか)
 人気のコンクールの課題曲の中から毎号1曲を取り上げ、その演奏・指導法を詳しく解説していきます。見ながら演奏できる、書き込み楽譜付き。今月は、ブルクミュラー『25の練習曲』より《貴婦人の乗馬》。
◆【不定期連載】語るひろば 江口文子とみんなで語る音楽の未来(長井進之介/ゲスト:富山省吾)
 音楽の持つ力とは何でしょうか。この連載では、多くの心豊かな音楽家を育ててきた江口文子先生が、各界で活躍されている音楽を愛する方々をゲストにお迎えし、若い世代とのセッションを交えて音楽の可能性と未来を語り合います。
 今回は、映画プロデューサーとしてゴジラシリーズの制作に携わり、現在は日本映画大学理事長を務める富山省吾先生をお迎えしました。音楽での物語表現や即興演奏を深めた模様を2回に分けてレポートします。
◆【隔月連載】私的ベートーヴェン演奏論(仲道郁代)
ピアニストの仲道郁代さんが、ベートーヴェンの楽譜から何をどのように捉え、推理し、音にしていくのか、実際の作品をもとに独自の演奏論を紹介する連載です。今回は、「《ピアノ・ソナタ第2番》(後編)~若きベートーヴェンの外連味あふれるソナタ」。
◆ピアノの音色の多様性に触れる フォルテピアノの世界(川口成彦)
 2023年10月に開催される第2回ショパン国際ピリオド楽器コンクールに向けて、コンクールでも使用される予定の「ショパンが親しんだ楽器たち」をテーマに、楽器の特徴や演奏時の注意点などを解説していただきます。
 第7回は、「ファイナルステージの課題曲と演奏法」。
◆安井教授のテクニック研究室(安井耕一)
 古き良き巨匠たちの名演を裏付けたのは、どのような技術だったのでしょうか。ドイツ・ピアニズムを受け継ぐ安井先生が、楽音に向き合い、美しい音を求めることで生み出される「本当のテクニック」を実践とともに解き明かし、現代に蘇らせます。
 第4回は「『クラーマー練習曲』をめぐって」。
◆演奏が生まれ変わる! 佐藤卓史のソナチネ講座(佐藤卓史)
 「ソナチネ」は、基本的な音楽の形式や表現方法を学ぶのに格好の教材ですが、どこか機械的に感じられ、苦手意識を持ってしまう生徒さんも少なくないのではないでしょうか? この連載では、『ソナチネアルバム』の中からよく弾かれる作品を1曲ずつ、全楽章を取り上げ、楽曲の構造を紐解きながら、そこからどのように音楽的表現に結びつけていくのか、ピアニストの佐藤卓史さんに解説していただきます。
 第21回は、「クーラウ:ソナチネ ト長調 作品88-2 2第2、3楽章」。
◆脳神経内科医のピアニストが解説 知っておきたい ピアノ演奏における脳と身体のしくみ(上杉春雄)
 ピアノを弾く人・教える人の間で常に関心の高いテーマの一つである「脳とピアノ演奏の関係」。ピアニストで脳神経内科医の上杉春雄さんに、脳科学の最前線の話題やピアノ演奏に役立つアドバイスなどを、読みやすいエッセイの形で連載いただきます。
 第35回は「2.熟練した演奏はどうやって達成できるか3」。
◆チェルニークリニック(奈良井巳城)
 『チェルニー30番』を1曲ずつ解説し、練習の目的、取り組み方、練習法などを徹底解剖していきます。今回は「第20番 刺繍音でトリルの特訓!」。
◆楽曲を理解する力が楽しく身につく フォルマシオン・ミュジカルで音楽の旅に出かけよう!(高田美佐子)
 音楽作品を題材に、読譜やリズム、聴音、音楽理論などを総合的に学べるフォルマシオン・ミュジカル。子どもたちの興味を広げながら、音楽の基礎力を身につけることができます。
長年、フォルマシオン・ミュジカルの指導をしている高田美佐子先生に、レッスン方法をご紹介いただきます。
 第5回は、「複合拍子と出合おう」。
◆音で遊ぶ ピアノに親しむ はじめての即興演奏(大城依子)
 “即興演奏は難しい”というイメージがあるかもしれませんが、まだ楽譜の読めない小さな子も楽しくレッスンできる方法を大城依子先生に教えていただきます。
 今回のテーマは、「動きに付ける音楽1~歩く」。
◆ピアノ教室と家庭をつなぐ懸け橋に 丸子あかね先生の 保護者のお悩みQ&A(丸子あかね)
 ピアノを習う子どもたちの保護者の悩みに、ベテランの指導者である丸子あかね先生がお答えします。偶数月は読み物系の記事、奇数月は幼児~小学生の自宅練習に使える厚紙付録をお届けします。
 今回のテーマは「鍵盤の場所と音名を一致させるには?」。

教える
◆先生像からみえてくる音楽像 作曲家のレッスンを覗いてみたら・・・・・・(内藤 晃)
 歴史上の作曲家たちが「先生」としてどんな指導をしていたかを、弟子や友人などの残した言葉から読み解き、それぞれの作曲家の音楽像に近づくヒントを探ります。
 第19回は、「師としてのバラキレフ 不器用な師に光を与えた弟子との絆」。
◆6ヵ月後に自分で弾ける力がつく! あやか先生の導入期指導(永瀬礼佳)
 『できる! たのしい! がくてんワーク』が大好評の永瀬礼佳先生による待望の連載です。導入期指導の方法は音楽大学で習うこともなく、我流の教え方でよいのかとお悩みの先生も多いのではないでしょうか。この連載では「ド」の位置も分からない年齢の生徒が、半年後には自分で弾けるまでに成長する教え方を解説します。
 第8回では入会13回目&14回目のレッスンの指導内容を紹介します。
◆7つのキーワードでブルクミュラー『25の練習曲』が無理なく上達!(根津栄子)
 短い中にも様々なテクニックが織り込まれ、ショパンを弾く下地作りにもなるブルクミュラー『25の練習曲』。生徒を無理なく上達させる「24のキーワード」を提案する根津栄子先生が、1曲丸ごとの書き込み楽譜でテクニック7項目によるポイントを紹介します。
 今回は「第15番《バラード》」。
◆ポジション移動を始めたら『ピアノランドプラス 四季のうた』でセンスを磨こう!(樹原涼子)
 ポジション移動を始めた頃にぴったりの曲集『ピアノランドプラス』。日本の情緒を豊かに表現する「四季のうた」10 曲を皮切りに、1年間の連載で全20 曲を詳しく解説します。1曲ごとに「子どもたちへのレッスンのヒント」と、「先生方へ センスを磨くポイント」を3つずつあげて、指導に役立ていただき、様々な曲の演奏へとつなげます。
 第9回は「6手連弾・4手連弾の楽しみ」より〈1.聴いているよ〉。
◆ポピュラー音楽指導塾~リズム力をつけよう!~(佐土原知子)
 30年以上前からポピュラー曲を積極的にレッスンに取り入れてきた著者が、明日のレッスンに使える様々な手法や情報をご紹介する連載。ポピュラーを4つのリズム区分に分け、ジャンル別に「演奏と指導のポイント」をお伝えしていきます。
 今回は、ブロードウェイ・ミュージカルの巨匠ジェローム・カーンとアーヴィング・バーリンのおすすめ曲&楽譜をご紹介します!

楽しむ
◆40歳から目指すピアノコンクール(山本美芽)
 近年、ピアノを演奏する大人の間でコンクール出場が盛り上がりを見せています。自身もコンクールを通じて研鑽を続ける山本美芽先生が、スキルアップにつながる舞台への一歩を踏み出す情報をお届けします。ピアノの先生も、趣味でピアノを楽しむ人も注目の連載です。
 第6回は「審査員に聞く! 大人のコンクール・素朴な疑問2 下田幸二先生」。
◆やさしくドラマティックに! ミュージカル名曲連弾~映画『王様と私』より《Shall We Dance?》(轟 千尋)
 ミュージカルの名ナンバーを、弾きやすく、聴き映え&弾き映えするアレンジでお届けします。難易度はブルクミュラー程度で、生徒同士、生徒と先生、家族など、みんなで気軽にお楽しみください。
◆CD&BOOK(長井進之介)
 ピアニストであり、音楽ライターである長井進之介さんに、レッスンに役立つCDや書籍の解説をしていただきます。


[巻末とじ込み]
◆楽譜
ピアニスト、レパートリーを語る 實川 風×J.S.バッハ『平均律クラヴィーア曲集 第1巻』より《第1番》

◆付録
鍵盤と音名の一致シート&黒鍵と音名カード(丸子あかね)
 特に導入期は、自宅での練習をサポートしてくださる保護者の力が欠かせません。そこで、幼児~小学生の自宅練習やレッスンに役立つ厚紙付録を、丸子あかね先生の練習アドバイスと共にお届けします。
今回は、鍵盤と音名の一致を遊びながら覚えていけるセットです。

近隣店舗在庫へ!