近くのお店の在庫がわかる!

★人気のキーワード:
ピピハノン
BBBB
Bling-Bang-Bang-Born

ウクレレ/カリンバ その他楽器

SR-162 シックハルト コレルリの合奏協奏曲によるトリオソナタ 第3巻

税込価格(本体):
4,180(3,800)円
出版社:
リコーダーJP

トリオソナタ 第3番 ニ長調<br><br>★解題★<br><br> 「12の合奏協奏曲集 作品6」は、大作曲家コレルリ晩年の最高傑作です。これを、バロック時代のリコーダー音楽の大作曲家・シックハルトが、アルトリコーダー2本と通奏低音のためのトリオソナタに編曲したのが、「コレルリの合奏協奏曲による12のトリオソナタ」です。まさに、作曲者・編曲者ともに最高の人を得た、名品と言えるでしょう。<br><br><br>★解説★<br><br>4つの楽章から成り、すべて合奏協奏曲第11番からとられています。原曲の方は5楽章構成で、シックハルトは3番目に位置するアダージョ~アンダンテ・ラルゴの楽章を捨てた形になっています。(この楽章はほかのソナタでも採用されていません。なお、楽章の数え方には異論もあるかも知れません。)<br><br> 第1楽章はラルゴ(広々と)、4分の4拍子です。2本のリコーダーが、ときにぶつかってきしみながら美しく歌い上げます。コレルリらしい気品のあるプレリュード。<br><br> 第2楽章はアルマンドと題され、アレグロ(快活に)、4分の4拍子です。2本のリコーダーは、最初は声を合わせて決然と音楽を始めますが、そのあとはおおむねリズミカルな掛け合いで音楽を形成していきます。<br><br> 第3楽章はサラバンドと題され、ラルゴ、4分の3拍子です。ラルゴとは言ってもそう遅いテンポの曲ではなさそうです。わかりやすい旋律で、姿良くまとめられた楽章です。<br><br> 第4楽章はジーグと題され、ヴィヴァーチェ(生き生きと)、8分の6拍子です。これも親しみやすくわかりやすいテーマを用いた、実に上品な感じのジーグで、軽妙に全曲をしめくくります。<br><br><br>トリオソナタ 第4番 ヘ長調<br><br>★解題★<br><br> 「12の合奏協奏曲集 作品6」は、大作曲家コレルリ晩年の最高傑作です。これを、バロック時代のリコーダー音楽の大作曲家・シックハルトが、アルトリコーダー2本と通奏低音のためのトリオソナタに編曲したのが、「コレルリの合奏協奏曲による12のトリオソナタ」です。まさに、作曲者・編曲者ともに最高の人を得た、名品と言えるでしょう。<br><br><br>★解説★<br><br> 4つの楽章から成り、第1楽章と第4楽章は合奏協奏曲の第1番から、第2・第3楽章は第2番からとられています。ただし、第4楽章は、原曲の前半部分だけを採用して、後半は端折った形になっています。<br><br> 第1楽章は4分の4拍子で、ラルゴ(広々と)で始まりますが、ひとしきりのあと、アレグロ(快活に)と指定された速いエピソードが挟まります。以後、アダージョ(ゆっくりと)、アレグロ、アダージョ、アレグロと、めまぐるしく緩急を切り替えながら進め、最後はアダージョでしめくくります。<br><br> 第2楽章はアレグロ、2分の2拍子です。調子よく進むガボットふうの音楽で、軽妙で、しかも品のいい楽しさは無類のものです。前半・後半ともに繰り返しが指定されています。<br><br> 第3楽章は4分の4拍子で、最初はグラーヴェ(重々しく)と指定された重い足取りの音楽で始まり、やがてアンダンテ・ラルゴ(歩くように、広々と)と指定された、やや流れのよい音楽に変わります。<br><br> 第4楽章はアレグロ、4分の4拍子ですが、三連符を多用した内容になっていますので、まるでジークのような感じもあります。途中、ふつうの2連の八分音符も出てくるのですが、これを、書かれている通りの半分割りのリズムで演奏するか、それとも「3連ノリ」で(つまり時間比2:1で)演奏するかは、演奏家によっていろいろです。
コレルリの合奏協奏曲によるトリオソナタ 第5番 二短調/コレルリの合奏協奏曲によるトリオソナタ 第6番 へ長調

近隣店舗在庫へ!