近くのお店の在庫がわかる!

★人気のキーワード:
ピピハノン
BBBB
Bling-Bang-Bang-Born

書籍/雑誌

ソング&セルフ 音楽と演奏をめぐって歌手が考えていること

税込価格(本体):
2,860(2,600)円
出版社:
アルテスパブリッシング

1月に来日、全国で公演(17日~30日)!
世界的なテノール歌手イアン・ボストリッジが
傑作『シューベルト「冬の旅」』に続いて世に問う音楽論。
歌をうたうとき、歌い手の自己はどのように変容するのか──

ジェンダー、人種、死・・・・・・
シューベルト、シューマン、ラヴェル、ブリテンなどの
作品を考察し、音楽の「隠された歴史」にせまる!

「自分はこれらの曲を演奏すべきなのだろうか?
自分にははたしてそんなことをする権利があるのだろうか?
自分自身のアイデンティティは、ことばや音楽になって提供されている数多くのアイデンティティにどのようにつながっていくものなのだろう?
また作曲家や詩人のアイデンティティにどうつながるのだろう?」
(本書第2章より)

「音楽の解釈者のなかでももっとも才能ある文筆家」(アルフレート・ブレンデル[ピアニスト])

[本書に登場する音楽作品]
モンテヴェルディ『タンクレディとクロリンダの戦い』
シューベルト『冬の旅』
シューマン『女の愛と生涯』
ラヴェル『マダガスカル島民の歌』
ブリテン『カーリュー・リヴァー』『戦争レクイエム』『ヴェネツィアに死す』ほか


◎著訳者プロフィール
イアン・ボストリッジ(Ian Bostridge)
イギリスのテノール歌手。とくにドイツ・リートの解釈では今日もっとも卓越した歌手のひとりとして、世界中で高い評価を受けている。さまざまな音楽祭やオペラハウスでの活躍に加えて、主要な指揮者、オーケストラとの共演も多数。近年はカーネギー・ホールをはじめ多くのコンサート・ホールでアーティスト・イン・レジデンスもつとめている。ヨーロッパや北アメリカ、極東で定期的にリサイタルをおこない、批評家からも絶賛されている。オペラや歌曲の録音は多数あり、グラミー賞を含めかずかずの賞を獲得している。最近の録音ではオッリ・ムストネンの交響曲第3番『天空の光』やブラッド・メルドーがボストリッジのために書いた連作歌曲集The Folly of Desireなどがある。
オックスフォード大学で近代史を専攻し、1990年博士号を取得。セント・アンドルーズ大学名誉博士。2014年から15年にはオックスフォード大学でクラシック音楽の客員教授をつとめ、各地で音楽にかんするレクチャーもおこなっている。著書に『1650年から1750年における魔術とその変容』(博士論文、1997)、『歌手の忘備録』(2011)、ダフ・クーパー賞を獲得した『シューベルトの「冬の旅」』(2015/邦訳:小社刊、2017)がある。英国の新聞『ガーディアン』や英語圏を代表する書評週刊誌『タイムズ文芸付録』にも定期的に寄稿している。2004年には大英帝国勲章のひとつCBE勲章を授与されている。

岡本時子(おかもと・ときこ)
上智大学大学院外国語学研究科言語学博士後期課程単位取得退学。ドイツ、ザールラント大学留学。専門はドイツ言語学、音声学。信州大学教養部非常勤講師、上智大学一般外国語部講師をへて現在筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター非常勤講師。主要著書:『ドイツ言語学辞典』(共著、紀伊國屋書店)、『独検対策準1級・1級問題集』(共著、白水社)。訳書:ボストリッジ『シューベルトの「冬の旅」』(共訳、アルテスパブリッシング)

◎目次
まえがき
1 ゆらぐアイデンティティ──演奏におけるジェンダー
2 隠された歴史の物語──ラヴェルの『マダガスカル島民の歌』における腹話術的アイデンティティ
3 「これらのかけらはわたしの遺骸に」──死をめぐる瞑想

謝辞
注釈
訳者あとがき
索引
NULL

近隣店舗在庫へ!