近くのお店の在庫がわかる!

ウクレレ/カリンバ その他楽器

RP E. Ph. シェドヴィル ギャラントな小ソナタ ハ長調 作品6-1

税込価格(本体):
1,980(1,800)円
出版社:
リコーダーJP

★解題★

 エスプリ・フィリップ・シェドヴィル(Esprit Philippe Chedeville 1696-1762)が作曲し出版した愛好家向けの小規模アンサンブル曲集のひとつ、「ギャラントな小ソナタ集 作品6」に収められている曲です。独奏楽器として名指されているのはミュゼット、ヴィエール(ハーディ・ガーディ)ですが、「他の楽器」でもよいとしており、音域はアルトリコーダーにも合っています。

 少し変わった曲集名ですが、「ギャラント」は、田舎趣味とともに当時の流行であったようです。


★解説★

 4楽章から成り、少しゆったりした感じの楽章と、軽妙な速めのテンポの楽章を交互に並べています。劇的な要素はあまりみられませんが、趣味のよい晴れやかな音楽で、演奏してたいへん楽しい曲になっています。

 第1楽章は4分の3拍子で、ラントマン(ゆっくりと)と指定されています。トリル(+の記号)とモルデント(Vの記号)、そして3度音程をつなぐ前打音が多用されており、フランス趣味の装飾的が満載ですが、骨組みになる旋律線がたいへん穏やかに美しい佳品です。

 第2楽章はガボット・アン・ロンド(ロンド形式のガボット)と題され、モデレマン(穏やかに)と指定されています。ロンド主題部が最初に繰り返されたあと、第1副主題→ロンド主題→第2副主題→ロンド主題と続く部分が、これも2度繰り返されますので、結局、A-(A-)B-A-C-A-B-A-C-Aという形だということになるでしょうか。副主題もロンド主題の素材による音楽で、その意味では強い対比はありません。かろやかな魅力。

 第3楽章もロンドと題され、グラシューズマン(優美に)と指定されています。自然な息遣いのロンド主題が繰り返されたあと、第1副主題、ロンド主題、第2副主題と続き、ダルセーニョ(事実上のダカーポですが)で最初のロンド主題部に戻るという形なので、A-(A-)B-A-C-Aという、第2楽章よりはかなり圧縮された構成になっています。主題の対比は第2楽章よりも鮮やかで、難しい言葉は使わないのに説得力がある、みごとな出来栄え。

 第4楽章はレジェルマン(軽く)と指定された4分の2拍子の速い楽章です。スピード感のある主題を扱い、次々と軽快な楽想を繰り出して、変化に富む音楽をくりひろげます。途中には少しだけですが「ひとり2声部」の部分もあり、はなやかな技巧的要素も含んでいます。最後は主和音にしっかりと落ち着いていくことによってにぎやかに全曲をしめくくります。
第1楽章/第2楽章/第3楽章/第4楽章

近隣店舗在庫へ!